« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月25日 (金)

八甲田大岳・・・

 
7/22 ソロでも決行しようと思っていたのですが、思いがけなくtakaも一緒に行くことに
なりました。
 
睡蓮沼から大岳を望むも雲に隠れてます
Dscn1488
 
 
 
8:08 start 18℃ 酸ヶ湯駐車場
 
酸ヶ湯→大岳→毛無岱→酸ヶ湯の周回コース
 
Dscn1492

Dscn1493
 
薬師神社の鳥居の上に大岳が見えるはずなのですが、雲に隠れています
お参りして(^^ゞ
登山口へ
Dscn1496
 
カメラ小僧の二人ですから、マイペースで・・・
Dscn1498
 
Dscn1499  
火山性ガスで枯れたのでしょうね
少し、硫黄臭がします
 
9:34 地獄沢
ここも硫黄の匂いがします!
Dscn1505
 
落石注意・・ですね!
 
 
9:38 一本橋!
Dscn1508
 
大岳まで1.9km 半分ちょっと来ました(^O^)
10:20 仙人岱
Dscn1529
 
花の種類も多かったです
 
Dscn1521
 
 
10:23 八甲田清水
Dscn1525  
 
冷たくて美味しい水でした
takaも飲みました
 
Dscn1527
 
 
11:07 森林限界を抜けたようです
振り返ると、素晴らしい眺めです
昨年登った十和利山も見えました
しかし、急登です(-_-;)
Dscn1549
 
11:28 鏡沼から山頂を望む
山頂は見えるんだけど・・・・
足が進まない(-_-;)
ゆっくり、ゆっくり、マイペースで・・
Dscn1560
 
11:39 あと一歩で山頂!
Dscn1564
 
やったぁ~!
山頂です!!(^O^)/
Dscn1566
 
Dscn1569
 
記念写真の後、
某コンビニのプレミアムおにぎりで昼食
実に、美味い!! 幸福感が満ち溢れる・・
至福のひと時です
(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)
 
Dscn1571
同級生たちに遅れること40数年
念願の陸奥湾を望む(^O^)
 
 
 
12:00 下山開始
結構キツイ下りです
酸ヶ湯ー大岳周回コースですが
仙人岱周りで良かったと思いました
それに、初使用のトレッキングポール大いに活用しました 
 
12:25 大岳非難小屋で水分補給のため小休憩
Dscn1574
 
 
木道の上毛無岱ー下毛無岱を通りましたが
仙人岱ほど花が少なくキンコウカが多くみうけられました
Dscn1585
 
木道の階段の下りもキツイですよね(^^ゞ
 
14:36 GOAL 酸ヶ湯温泉
無事、怪我無く、ゴールしました(^O^)/
Dscn1589  
 
疲れましたぁ~(^^ゞ
takaと自販機の冷たい水で乾杯!(^O^)
 
 
 
 
15:20 蔦温泉 入浴
Dscn1591_2
蔦沼を見てからの入浴予定でしたが
今回は、入浴オンリーで蔦沼は次回に残しておきました
 
ホントにお疲れ様でした
今夜はぐっすりお休みです(^O^)

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

2014 2nd 夕市Live・・・

7/20
 
・Mac
・4HIDEMARU
・やどりぎ
 
3組の出演でした
 
Mac
Dscn1463
SBBのキーボードでお馴染みのMacさん
ボサノバチックにアレンジした曲が小気味良く、それでいてマッタリしたムードを醸しだす・・・Macさんの甘い
ボイスのせいでもあるのですが、夕市のスタッフの皆さんも聴き入っていました
 
 
 
HIDEMARU
Dscn1465
HIDEMARUさんはウクレレ1本でPOPSを唄います
ウクレレと言えばハワイアン!のイメージが大きいのですが、HIDEMARUさんは斉藤和義や忌野清志郎などを得
意としています そして、たまに高田渡の「生活の柄」も唄います
 
 
 
やどりぎ
Dscn1468
 
ギターのサッキー♂とボーカルの津奈♀のユニットですが、昨日はフルート&パーカッションで女性が加入し
ていました  名前は失念・・・
サッキーのテンポ良いストロークワークにフルートが澄んだメロディを奏で、そして津奈ちゃんのソウルフル
なボーカルが一緒になった時・・まさに会場のオーディエンスが魅了されるのです
ホントに素晴らしい!(^O^)/    
 
 
 
 
 
 
8/10(日)14:00
野場中夏祭り、階上町 石鉢ふれあい交流館です
 
☆出演予定
・GORO(ゴロ)
・ゆらゆら
・Sachi&Boyz Band
・古屋敷裕大(びぃだま)

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

2014 七夕祭りLive at solla cafe・・・

7/19 solla cafe(やぐら横丁ストリートLive[YSL])で

Dscn1311
二胡演奏トリオの「十三夜」
Paul & Michelle
Sachi&Boyz Band
 
三組の出演でした
 
Dscn1314 
 
天気予報では夕方から雨模様とありましたが
我らの音楽パフォーマンスでぶっ飛ばしましたぁ~(^^ゞ
 
 
Dscn1329  
 
本年活躍著しい「十三夜」の演奏で幕開けしましたが
二胡を初めて聞く?見る?オーディエンスも多かったのではないでしょうか

Dscn1335  
ストリートLiveの良いところですね(^O^)
 
 
Paul & Michelle
Dscn1349
 
相変わらず歌唱力のあるMichelleさん、オーディエンスやスタッフさえもミユキワールドに引きずり込んでいました
オイラの知ってる Paul & Michelle は二人でのアコースティックが多いのですが
昨夜のステージでは、エレキギター、ベースギター、サックスがその曲、曲で参加していました

Dscn1364
 
当初ドラムは予定に無かったようですが、SBBのkaneやんが飛び入りでセッションしました
 
 
 
Sachi&Boyz Band
Dscn1383  
 
楽しく演奏させていただきました

Dscn1385
 
楽しく唄わさせていただきました

Dscn1446
 
オリジナルもカバー曲もSBBらしく
音楽を楽しもう!をモットーに
夏の夜空に僕らの音楽が鳴り響いたことでしょう 
アンコールもいただき、感謝!感謝!でした(^O^)/
 

Dscn1382
 
(SBBの写真 by ジョン太)
 
 
 
SBBは次のLiveは、8/10(日)14:00
野場中夏祭りで、階上町 石鉢ふれあい交流館です
☆出演予定
・GORO(ゴロ)
・ゆらゆら
・Sachi&Boyz Band
お時間がありましたお立ち寄りくださいm(__)m

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

ホタル チャレンジ2年目・・・

昨年から始めた趣味カメラです

7/15 情報によるとホタルは午後8時頃が乱舞するという・・・
 
仕事終了が午後7時
 
急いで集合場所へ行ったまでは良かったのですが・・・・
 
無い!・・カメラが無い!  (-_-;)
 
 
 
自宅へ戻らずに集合場所へ直行しようとしていたので
 
朝カメラを職場へ持っていったのです
 
それがアダになりました(^^ゞ
 
カメラ小僧A君へ「先に行って良い写真を撮ってくれ!」とTEL
 
オイラはもう一度職場へ戻りカメラを取り
 
遅れたぶんを取り返そうと一目散に夜道を飛ばしました
 
カーブの続く山道を飛ばしたのって、
 
何年ぶりだろう・・って若い時を思い出しながら走りました(^^ゞ
 
 
 
さてさて、ようやく到着!
先に来ていたカメラ小僧A君の場所へ行くと
たくさんのホタルが光っていました(^O^)/
 
早くカメラの設定をしなきゃ・・
と、慌てるも、現地はほとんど真っ暗闇に近く
カメラの設定やら三脚に取り付けるのさえ手探り状態なので
車まで逆戻り・・・・(-_-;)
 
 
 
そして、ホタルがたくさんいたポイントに行くと
なんか、数が減っているような・・・(-_-;)
 
 
何とか、輝跡が撮れました(背景が真っ暗なのが寂しい)
でも、幻想的ですよね(^O^)
 
Hotaru_2
写真は2枚を合成したもの
 
飛んでいるホタルが少なく。なかなか輝跡は撮れません
 
田んぼにもホタルが飛んでいました
暗闇の中、田んぼに落ちないよう
撮影ポイントまで畦道を歩きましたよ
Hotaru_1_2
田んぼのホタル(合成) 
 
 
教訓1:慌てる乞食は貰いが少ない
 
教訓2:備えあれば憂い無し

| | コメント (0)

2014年7月16日 (水)

続くもんだわ・・・偶然!

昨日は、鷹だか鷲だか鳶だか・・偶然に獲物を捕獲する瞬間を見てしまった
 
 
今日は、「ばっしゃぁぁぁぁぁ~ん」という音を聞きました
 
なにか大きなものが倒れたような音、
たとえば、2階の足場が倒れたようね・・・ 
職場の外へ出てみても何も見えません・・・
おかしいな?と思いながらも
仕事を続けていたら、
 
お客さん「大きな音したけど、何かしら?」
 
やはり、何かあったんだ・・・
道路へ出てみても事故のようなものはありません
 
・・・・ん? 
 
道路わきの藪の中に動くものが?・・・
 
人です!
よく見たら軽トラックが藪の中にいます
 
山菜取り?・・・
まさか、こんなところで・・?
 
 
道路から脱輪して
標識をなぎ倒し、雑木をなぎ倒し
藪の中で止まったようです
 
これが、大きな音の正体だったのです
Jiko_1  
写真左下:標識の折れた跡
ここから脱輪したんですねぇ
 
しかし「不幸中の幸い」とよく聞きますが
76歳の運転手さんはかすり傷一つしなかったようです
 
雑木がもっと太かったら・・
標識は左のサイドミラーにぶつかったけど
Jiko_2
正面だったら・・・
Jiko_3
 
 
無理な運転は危険です、皆さんも気をつけましょう!

| | コメント (0)

階上岳登山(10)・・・

7/14 数えたら今年10回目の階上岳です
 
この日は定休日だしFIFAのワールドカップ決勝もあるので
 
朝4時のキックオフに合わせて起床
(決してサッカーファンと言うことではない(^^ゞ)
 
試合終了後、そそくさと山支度をして登山口奥の駐車場へ
 
7:42 start 気温18℃
Start
 
この車も今回で見納めデス・・
少し前にこの車で山の中腹まで行った時に
ボンネットから白煙が噴出したのです
ラジエターでもなく原因不明のまま今に至っていますが
これから増えるであろう山登りやドライブに不安があるので
も少しマシな中古車を探しました
今週末には納車予定です

 
7:43
トラノオ らしいが、たくさんあるようです
登山道に入る道路脇に咲いていました
Dscn1244
 
 
昨夜しとしと雨、今朝は曇ってはいましたが山は大丈夫だろうと・・・
霧の中
Dscn1248  

 
8:20 しるし平 小休止
汗をかいたのでウインドブレーカーを脱ぐ
スタート時、駐車場にほとんど車は無く
このしるし平にも車は無し
Dscn1251
 
平日だし、霧の中だから登山者少ないのでしょう
しっかり、熊鈴を鳴らしながら登ります
(熟練者の中にはウルサイと言う人が居るとか居ないとか)
 
 
8:33
赤コース
大山津見神社との分岐点
Dscn1252
 
 
8:45
急登です(ロープが張ってあります)
昨日の雨で少しぬかるんでいます
スパッツをつけてきて良かったです(^O^)
Dscn1254
 
 
 
9:01
根元に大きな穴のある木です(シイノキらしい)
Dscn1257
 
 
 
9:15
8合目辺りでしょうか
道路と交差します
ベンチがありますが、濡れているので
立ったまま小休憩です
Dscn1259
 
ベンチの向かいが入り口です
少しの間急登になります
Dscn1260
 
 
 
9:31
梅雨時にお似合いの 紫陽花 デス
Dscn1263
 
 
 
9:45
鳥居の中に少しだけ人影が写っています
4人の親子連れです
お父さんは1才位の子をおんぶ、3~4才の女の子とお母さん
まだ若いファミリーです
大開駐車場から登ったのでしょうか・・・
Dscn1265
 
 
9:46 山頂着
Dscn1266
 
霧で景色は楽しめません
早々に下山し
つつじの森休憩所で朝ごはん・・・(^O^)/
 
 
 
9:51 山頂付近
これも トラノオ です
正式名称は分かりません
Dscn1270
 
10:04 つつじの森休憩所
Dscn1274
 
今回の大きな目的は、ザックについている
<水色のパイプ>を試すことでもあったのです
 
Dscn1273
これは水分補給時にいちいち立ち止まってザックを降ろす、という煩わしさから解放されます
市販のペットボトルを使えるやつです
優れものです(^O^)/
 
 
 
10:23
木に纏わりついているのが、たぶん ツルアジサイ でしょう
光の加減で見難いですが、白い花(ホントは花びらでない)があります
Dscn1276
 
 
 
10:29
ウツボグサ ですね
綺麗な色してました
Dscn1277
 
 
 
こちらは、アザミ ですね
Dscn1278
 
 
11:37 車着
Dscn1281
霧の中で景色はダメでしたが、意外と花が多く見られました
登る度に発見できるって楽しいです
でも、花の名前が覚えきれない・・(-_-;)

| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

鷹?鷲?鳶?・・・

突然、窓に何かが当たる音「ダンッ!」
 
何事だろうと思って窓へ行き、その下を見たところ
 
鳩が横たわっていました
 
窓の上のほうを見ると
 
ぶつかった痕がついていました
 
鳩はピクリとも動きません
死んだのでしょうか?
 
と思ってたら・・・
 
鳩の上に 羽を広げながら舞い降りた鳥 が覆いかぶさりました
 
鳩を足で掴んで辺りを見回しました
 
オイラ「あ、タカだ!」
 
そう叫んで、机の上からデジカメをとって来て
 
写したのがこの写真です
Taka  
 
よ~く見ると、タカの尾羽の下に
 
鳩の足と羽が見えます
 
また、写真手前には鳩の羽が散らばっています
 
 
 
この鳥が、鷹なのか?鷲なのか?鳶なのか?
 
分かりませんが、目の前で起こった出来事でした

| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水)

久慈平岳登山・・・

7/7 七夕登山は岩手県洋野町の久慈平岳(標高706m)でした。
 
この山は階上岳の南隣にあり、階上地方の民話「岳のせいくらべ」に登場します。
 
久慈平岳初ですが、種市側にある<大和の丘森林公園>から登りました。
 
初めての山、更にソロなので少し緊張しながらです。
 
 
10:13
写真左の駐車場から池を通ってスターしました。
Dsc_0001
 
 
オオキンケイギクかな?
Dsc_0007
 
 
カワラヒナデシコかな?
Dsc_0006
 
 
10:24
案内標識は大事です
公園なのにヒト気がありません・・・
下草も刈っていないようです・・・
Dsc_0009
 
下草はありますが、砂利が入っていたり
とりあえず登山道らしい・・・(-_-;)(不安)
 
10:41
急に下草が背丈くらいのところで一瞬道が分からなくなり
<ちっちゃな滝>が現れました。
Dsc_0011
 
 
二、三歩戻って下を見ると、登山道が急に右折していました
この先も下草が背丈ほどだと・・・引き返すことも頭にありました
Dsc_0014
 
 
 
10:47
かなりの急登です(-_-;)
Dsc_0016
 
 
10:56
山頂までもうすぐです(久慈平キャンプ場)
Dsc_0020
 
 
山頂まで3分も無いのに展望台って・・なんか変?
Dsc_0023
 
11:13
やったぁ(^O^)/山頂です!
1時間掛かりました
Dsc_0028
 
あっ!展望台に上がれない(-_-;)
木材が相当傷んでいます・・・
Dsc_0029
 
ここのところ、ほぼ毎日ガス状態で見晴らしはNGです
特に太平洋側は・・
 
 
いつも登る階上岳を裏側から望む
Dsc_0031

出発時24℃くらいだったので
相当汗をかきました
シャツを着替え10分ほど滞在し下山しました 
 
12:05 駐車場着
 
 
登山道ってたくさんあるんだろうけど
ここの公園から登る人少ないのかなぁ・・・
下草多過ぎ!
 
民話「岳のせいくらべ」じゃないけど、
高さも登山道等の整備も階上岳の勝ち!デス

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

沖縄音楽と中国楽器 二胡の夕べ・・・

7/5(土)パワーステーションA7でのLive を観賞してきました
 
沖縄音楽は「海風(UMI-KAJI)」maechuさん率いる7人編成のグループです
 
Umikaji
 
およそ7年ぶりに「海風」の演奏を聴きました
7年前に階上町ふれあいコンサートがデビューステージだったので、あの時小学生だったアヤンチュが19歳に!!・・・素敵なお嬢さんになりました(^O^)
 
 
二胡の演奏は、「十三夜(Ju-Sanya)」Arikichiさん率いる3人編成です
 
Niko  
・・近々4人編成になるとか噂があります
Arikichiさんは、我らがSachi & Boys Bandが大変お世話になっている方です
 
「十三夜」はホント最近めきめき上達してきました
各所からひっきりなしの演奏オファーがあるようで、このA7でも3月に出演しています
 
 
 
昨夜はもう一つのユニットが演奏しました
「放課後の居残り教室」いうアコースティックギターのインストユニットです
3人編成だけれど一人が仕事なので2人での演奏でした
Kyoushitu
 
 
「海風」と「十三夜」は、10月のふれあいコンサートに出演を打診してきましたので、階上でもこの二つの音楽を楽しめることでしょう(^O^)/

| | コメント (0)

2014年7月 1日 (火)

トレッキングシューズのデビュー・・・

6/30 昨年10月の十和利山以来、Sachiとペア登山2回目です。
 
十和利山の時は、Sachiは普通のスニーカーでした。
 
その後でトレッキングシューズを買ったものの一度も履いていなかったのです。
 
今日は、<Sachiのトレッキングシューズ・デビュー・プロジェクト>です(^O^)
Sho
 
 
 
夜半から明け方まで雨だったので
 
おNEWのシューズが泥んこになるかと思われました
 
仕事で来れない方が
 
どこぞで「雨よ降れぇ!」と呪いをかけていたとかいないとか・・・
 
そこは日頃の行いの良い二人ですから雨は降らず・・・(^^ゞ
 
 
ま、それはさておき
 
階上岳3合目「しるし平」から10:00START
 
頂上まで約3kmの緑(ファミリー)コースを選択
 
オイラ、いつもはソロなので当然無口で歩きますが
 
ずーっと、Sachiとおしゃべりしながらの登山・・・・
 
いいもんだねぇ、相方がいるってのは!
 
10:32 キャンプ場分岐地点
Dscn1197
 
11:01 シロバナニガナ(つつじ森休憩所)
Shirobana_nigana
 
11:27 頂上
遊歩道回りでゆっくりと・・・
Dscn1211
 
コンビニで買ったおにぎりで軽い昼食
しばし休憩の後、
11:56 下山開始 
 
12:18 大開平
Dscn1221
もう、ほとんどのツツジは終わっている
ほんの少し残っていた山つつじ
 
13.00 無事下山
Car
 
3時間の登山でした、
心地よい疲労感を残し解散です

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »