« 12/16 ゆるゆるLIVE 終了・・・ | トップページ | 2012 謹賀新年・・・ »

2011年12月18日 (日)

12/17 31thふれコン終了・・・

なんとなく不思議な日?でした
全出場チームがフルメンバーでなかったのです・・・
 
 
 
 
咲乱歩(さくらんぼ):大正琴
ふだん4人で活動していますが、この日急にメンバーの一人が体調を崩し3人での演奏でした
お揃いのお洒落な薄紫色のブラウス?で童謡、唱歌、懐かしのメロディーを奏でました
素敵な昔のお嬢さんたちでした(^^♪
 
 
ING(アイエヌジー):オカリナ
コチラも4人で活動していますが、一月ほど前からメンバー一人が体調不良で3人での演奏でした
最近はオカリナだけでなく、ボーカルを入れたり趣向を凝らしています
たしか去年はサンタの衣装だったような気がしますが今年はシックなドレスで、腕に磨きのかかったオカリナの音を聴かせてくれました(^_^)v
 
 
ブリオハ〜モニ〜:アンサンブル
最近、クラリネットが加入し、ビオラ、フルート、ピアノ(2名)総勢5名で活動しています
ところが本番前日にビオラの方の身内に不幸ごとがあり、弦楽器抜きの編成を余儀なくされました
しかし、結成10周年という百戦錬磨の彼女たちですから、パートを入れ替えたりで数時間の練習で見事に聴衆を魅了しました
また、持ち時間の中間で会場のオーディエンスを巻き込んで"ラジオ体操"を結構するのもこのユニットの特徴の一つでもあります(^_^;)
 
 
Sachi&Boyz Band
なんと、我がバンドもいつも(7人)よりマイナス2での演奏でした(^_^;)
 
 
我らがバンドの一月ほど前からの行動を公開!
 
一月ほど前から、Sachiが青森出張で不参加表明
同じくキーボードのMacが諸事情のため年内活動休止を決めていたので
(この時点でマイナス2)
 
 
HAAF(本年9月)で司会をしてくれ、その時にSBBのステージに飛入りでコーラスに参加したMisatoにHELPをお願いし、キーボード抜きの6人で良いだろうという割と安易な気持ちでいました
(この時点でマイナス1) 
 
 
練習をしているうちに、
「この曲には、やっぱりキーボードがあったほうが良いね」
・・ってなことになり、何曲かをtakaが受け持ちました
 
ま、ここまではそんなに厳しくも無かったのです。
・・が!
本番1週間前
「会社の方針で20日過ぎまで夜勤態勢になります」って
ドラムのKaneやんが無念の不参加 (T_T)
(この時点でマイナス2)
 
 
時間も無いし代役もいないしドラム無しでやるしかない方向でいたら
最終練習日にtakaがドラムを打ち込んで来てくれました\(^o^)/
 
ありがとう、taka!
 
セットリスト
・やんぐ・らぶ(打込みDrms)
・歩きましょう アニキVer(Drms無)
・手を繋ごう(打込みDrms+KB)
・翼をください(打込みドラム+takaKB)
・Happy Christmas(打込みDrms+鈴)
・Do They Know It's Christmas(打込みDrms+takaKB)
enc.
 私の青空(Drms無)
 
アンコールまでいただきました
ありがとうございましたm(__)m
 
フルメンバーで演奏するのが一番いいのですけど
でも、欠けたメンバーの分をカバーしあっての演奏も
困難をクリアしたような気分が味わえてまたいいのです(^^♪
 
 
不思議な日ではありましたが、 
打上げで飲んだ酒は美味かったなぁ!
 
音楽最高!!!\(^o^)/

|

« 12/16 ゆるゆるLIVE 終了・・・ | トップページ | 2012 謹賀新年・・・ »

ライブ・音楽活動」カテゴリの記事

コメント

あっきいさん、コメントありがとうございます!


一緒にセッションできると楽しいだろうね!

良いお年をお迎えください

投稿: 加川ふ良 | 2011年12月20日 (火) 16時05分

お久しぶりです。ライブお疲れ様でしたね 夏から秋にかけてサチボの追っかけしまして、音を楽しみました、ありがとうございました。いい出会いをしましたバンドっていいなあと思いましたし、ますますドラム練習頑張らないとって思いましたよ。来年も楽しみにしています。

投稿: あっきぃ | 2011年12月19日 (月) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/72654/43420571

この記事へのトラックバック一覧です: 12/17 31thふれコン終了・・・:

« 12/16 ゆるゆるLIVE 終了・・・ | トップページ | 2012 謹賀新年・・・ »