« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月28日 (土)

映画音楽・・・

エセ映画評論家 加川ふ良の独断と偏見の中、ディパーテッドで書き忘れたのが、サウンドトラック・・いわゆる挿入歌、挿入曲です。
この映画では最初のほうからオイラの知っている懐かしい曲が挿入されていました。曲名は知らないけれど、多分70年代でしよう。

ラストのシーンで流れたのが、大好きだったロイ・ブキャナンというギタリストの曲でした。曲名は失念しましたが、若い頃、行きつけの喫茶店で彼のレコードをよくリクエストしてかけてもらったものでした。その中にあるたしか「メシアが再び」という曲のギターメロディがもの悲しい感じで好きだったなぁ・・・好きだったと言う割には曲名などおぼろげなので本当に好きな人たちから顰蹙を買いそうです。(~_~;)

バイオリン奏法を知ったのもピッキング・ハモニクス奏法を知ったのも彼のレコードからでした。当時のオイラはエレキを弾くことは無かったので試せなかったのですが、最近のライブではエレキを使うことも多くなってきたのでチャンスがあったらトライしてみようと思います・・・出来るか出来ないかは別にして・・ですよ(^^ゞ

最近使ってるエレキはtakaさんから借りているセミアコのES335タイプです。良い音してマス!(^o^)丿
後は、オイラの腕だけど・・・なかなか巧く弾けません(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

Super Live 5/12

Superlive 今回は、takaさんがチーフプロデューサーで「PROJECT-OT presents SUPER LIVE」が5/12にpowerstation A7で開催されます。

出演は、二胡の演奏をする「睡蓮(すいれん)」、フォークデュオ「ワンハンドレッド」、沖縄ソングの「てぃーだ」、オリジナル&フォーク「SACHI & BOYZ」の4組と、SACHI & BOYZのバックでBassのSueさんがオリジナルを2曲演奏予定。

20:00スタート 1D\1,500
お時間がありましたら、是非お立ち寄りください。
チケットはpowerstation A7または、加川ふ良も扱っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッキー・・・

最近続いています、映画鑑賞(DVD含)。
性懲りも無く今回もエセ映画評論家 加川ふ良の独断と偏見で書かせていただきます。

ロッキー・ザ・ファイナル ROCKY BALBOA・・・有名なシリーズなので、ま、お馴染みと言えば御馴染みな内容なので好きな人にはそれなりに楽しめると思います。

シリーズは6作目で1作目から30年経っているそうで、一言「凄い!」(^o^)。シルベスター・スタローンは60歳だそうで、あの肉体を作れるのも凄い!オイラもトレーニングしなきゃって思います。(^^ゞ
もう一つ凄いのは、来年「ランボー」の4作目を作るのだそうです・・・

オイラはシリーズ物ってあまり好きなほうじゃないのですが、ま、流れで観てしまった、というところです。ファンの人には叱られそうですね・・(~_~;)

色々な理由でシリーズ化するのでしょうが、あえてお叱り覚悟で言わせてもらえれば・・全くの個人的に思うことですが、「映画作品とは監督がその1作で全てを表現する」っていうのが本筋だと思っています。シリーズ化したものの多くについては「2時間のTVドラマを映画館で上映してる」っていう感じに思えて仕方がないです・・・m(__)m

中学生の頃、友人に誘われて初めて観た洋画が「ローズマリーの赤ちゃん」。詳しい内容は忘れましたが、主演ミア・ファローが悪魔の赤ちゃんを宿し出産する~オカルトっぽい映画だったと思います。40年近く前のことなのに女優の名前を覚えている自分が「凄い!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

レオ様映画2本・・・

レオナルド・ディカプリオが「レオ様」って、呼ばれていることも知らずに観てしまいました。(^^ゞ
また今日も加川ふ良の独断と偏見の映画評を書きます。いつものようにストーリーなどはWEBを検索すればわかると思うので探してください。m(__)m

オイラは出来るだけ予告などを観ないようにしています。そのほうがピュアに感じることが出来るからです。

THE DEPARTED・・・マフィアに潜入した警察官と、警察に潜入したマフィアの展開がスリリングで、ハラハラドキドキで高血圧のオイラには健康に悪いみたい(~_~;)

ちょっと話がそれますが、オイラは昔からというか、出演者の多い洋画は顔と名前が一致するまで時間がかかるので、たまにストーリーが飛んでしまうこともあります(;_;)

顔と名前が一致しないといえば、アイドルの「長澤まさみ」と「石原さとみ」の区別がつかない・・(~_~;)
甥っ子達からは「全然、違うじゃないか!」って言われるけど・・・ま、今のアイドルには興味がないから別に問題じゃないといえば無いのですがね。(^^ゞ

・・・と、話が逸れ過ぎましたm(__)m

BLOOD DIAMOND・・・1990年代後半のアフリカでの激しい内戦、ダイヤモンドにまつわる不正な取引、反政府組織の資金源、密売、地域紛争の激化など不幸で残虐なイメージの中、家族愛を貫く地元漁師に人間の誠実さを感じました。

ところで、ダイヤモンドって綺麗で高価なもんですが、オイラは欲しいと思ったことはありません。化学の時間だったかに、ダイヤモンドも石炭も同じ炭素で出来ているということを聞いてからです。(~_~;)

ま、女の子に「欲しい!」って言われても買ってあげれないビンボなオイラの戯言ですがね(^^ゞ

今回は、レオ様の主演を2本見ましたがそれぞれ面白かったです。いろんなことを感じましたが、やはり「映画ってホントにいいですね」(^o^)丿

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

エントランスⅡ

エントランスホールの人形の季節が5月になりました。

Koinobori_01 兄弟で鯉のぼりをあげているところの様子です。

折り紙の兜も添えられた5月にふさわしい風景です。

 

Koinobori_02弟は、

空を元気に泳ぐ鯉のぼりを見上げています。

やんちゃな男の子らしく、腰には木刀を差しています。

 Koinobori_03  

お兄さんは、

弟のために、鯉のぼりを空高くに泳がせるようロープを引っ張っています。

仲の良い兄弟です。 

 

Koinobori_04 Kabuto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

新曲「かまきり」・・・

4/14の3rdふれあいコンサートで初披露しました!題名と詞と関連を見つけられず不思議に思うかも知れません。taka&加川ふ良コンビの2作目!

おどろおどろした唄い方のtaka、メインメロディをSachiのフルートが澄んだ音色を響かせる、加川ふ良の破壊的なギターが絡みつく。重いテーマの表現に挑戦するインキャラの音作りはどんなふうに聴こえたのだろう・・・・

デモ曲は後ほどアップ予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かまきり        曲:taka 詞:加川ふ良

雨が降り 山は崩れ 川は溢れ
行き場を失くした雨に 街は呑みこまれる
思い知るが良い 自然を畏れぬ 愚か者達が
標無い 坂道を転げ 落ちてゆく

自由すぎて 遊べない 子ども達は
居場所も見つけられず 現の中を彷徨う
思い知るが良い 独りよがりの 大人達よ
気づきながらも 目を瞑る 闇の世界

蜃気楼に浮かぶ 砂の城は
吹きつける風に飛ばされ消えてゆく

人間は自分に都合よく
人間が一番偉いんだと
止め処ない過ちを 繰り返す
        
キモイ、ウザイと 罵り囃されて
友からもシカトされ 命は儚く散ってゆく
思い知るが良い 虐めの世界の 醜さを
慟哭に噎ぶ 無限の 遣る瀬無さ

ひとたび 人の道に 外れると
抑えきれない欲望に 心は狂気で凍りつく
思い知るが良い 自由が与えた 罪深さを
惑わされた心に 歯痒さが 突き刺さる

人間は・・・  人間は・・・
人間は・・・  人間は・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月15日 (日)

3rd ふれあいコンサート・・・

体調管理も難しいぃ~、ステージにマスク(覆面)で上がるのを本気で考えていました(^^ゞ   風邪の華、いつもは唇近辺にでき1週間ほどで治るのですが、今回は長かったです。

さて、昨夜のインキャラはノーミスの演奏、唄とはいきませんでしたが(~_~;)、Sachi & Boyzで結構数多く練習していたのと以前からのレパートリーとして慣れた曲でもあったので、緊張も少なく出来たと思います。

本番直前に、「ダニーさん(ブルースハープ)が風邪でダウンしてリタイヤです」のTELがありました。これにはビックリです(☆o☆)  だって、今回はブルースハープの聴かせどころの多い構成にしたのだったんですから・・・・(;_;)

それと、セッションバンドの悲しい性なのか、後先考えないオイラの癖なのか(^^ゞ   前日のリハでBBのkaneさんへ突然のCajonでの参加オファー・・・・

あれ? SachiさんのCajonデビューを潰しちゃった・・・Sachiさん m(__)m

あれ? takaさんのCajonデビューを潰しちゃった・・・takaさん m(__)m

 

…ってな訳で、楽器構成の変更、ブルースハープのパートの変更を余儀なくされました・・・・、ん?・・・・・オイラが余儀なくした・・のか・・・・・(^^ゞ   打ち上げで、インキャラのリーダーの座を辞退宣言したオイラ。

果たして、次回のインキャラは、どうなる!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

記憶の書き溜め・・・

2、3日前、家に帰ったらTVでアニメ映画「嵐の夜に」をやっていた。「あぁ・・前に観たなぁ・・、そう言えば観た映画をブログに載せていないなぁ・・」なんて気づきましたので、いつものようにエセ映画評論家加川ふ良の独断の偏見で書いてみたいと思います。

Ray・・・・・レイ・チャールズのお話しです。オイラの遠い記憶にある一枚のシングル盤、たしか「ホワッドアイセイ」だったと思うんですが、「Ahaaa....Ohooo...Haa..Ahaa..」レイとコーラスの掛け合いが新鮮に感じたのを覚えています。よしだたくろうがライブ盤で「わっちゃいせい」で唄って?叫んで?います。(~o~)  記憶が定かなら、この「ホワッドアイセイ」のB面が「旅立てジャック」だったと思います。この唄の歌詞の「…No more No more …」の部分を大リーガー野茂英雄のテーマかなんかに使ったような気もしてます。「バナナボート」が有名かな?

ゼブラーマン・・・最近TV出演が多い哀川翔が主演。難しいことを考えずに楽しめた。(~o~)

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェスト・・・内容が思い出せない(~_~; 第1作目は面白いって感じたのに?? ちなみに、オイラがコーチをしてた小学生のアイスホッケーチームの名前は Hachinohe Pirates Jr. Ice Hockey Club でした。

ハッピー・フィート・・・・「音痴でタップダンスがうまいペンギン」というフレーズだけで童話「みにくいアヒルの子」を連想するオイラは野暮でしょうか?こういうのをCGアニメというのでしょう、絵が綺麗で動きもリアルでした。以前に「皇帝ペンギン」というドキュメンタリー映画をみたので、「ハッピー・フィート」の中でメスが産んだ卵をオスが抱卵したり、ブリザードのなかで身を寄せ合うペンギン達などの描写も本物そっくりでした。

とりあえず今回はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

風邪2・・・

ブログ・・・まあ、日記代わりに書いてるのですが、、、

今年2度目の風邪をひいてしまいました。前回と同じような感じの症状でしたが、昨日が最悪の状態でした。食欲も無かったのですが昼はパンとソーセージを無理して押し込みました。

悪寒に襲われながらも、職場に新しく入ったパソコンの設定をしなければなりませんでした。職場内のパソコンはLANで繋がっていてプリンタを共有しているので、とりあえずどのパソコンからもプリンタが使えるように設定しなおしました。

パソコンに詳しい人ならプリンタもLANに繋げればいいじゃないか、と思うでしょうが、ま、それはそれとしていろいろな事情が絡んだりしているのです。(^^ゞ

帰宅すると、甥っ子の誕生日でケーキがありました。食べずに布団へ入るのも場がしらけると思い、ちょっと無理してケーキを食べ(やっぱり体調の悪いときは美味しいとは感じないです、ただ甘いばかり)、うがいをし、薬を飲み、速攻、布団へ。

案の定、熱が上がり1時間おきに目が覚めました。目が覚める度にシャツを取り替え、水を飲み、布団への繰り返し。前回と違うのはマスクをして寝たのですが、咽には結構良いみたいです。朝5時半に熱を測ったら36.8度。熱は下がったみたいです。(~o~)  ちなみに現在36.0度。

今回の兆候が現れたのは、4/2の夜に咽に違和感を覚えたのでした。たぶん、風邪のせいでしょう、4/3の練習はノリきれないままでした。

でも、ある意味、今だから良かったのでしょう。4/14の本番だったら目も当てられません!体調管理、難しいですね。今回前回とも病院へは行かず市販の風邪薬とうがい薬でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »