« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月28日 (火)

フォークソング映画・・・

「結婚しようよ」「22才の別れ」どちらも70年代にヒットしたフォークソングなのですが、そのままのタイトルで映画になるそうです。公開は来年。

「結婚しようよ」は吉田拓郎の曲。映画の中には約20曲も拓郎の曲が流されるということです。映画を観るというよりは"拓郎の唄を聴きにいく"という感覚で映画館へ行く予感がしてます。(~_~;)

「22才の別れ」はかぐや姫の「正やん」こと伊勢正三の曲です。映画の監督が大林宣彦で4年前に「なごり雪」というこれも正やんの曲です。「なごり雪」はイルカの歌のほうが有名かもしれません。

  

加川ふ良の独断と偏見で言わせてもらうと

「22才の別れ」は、高収入の独身サラリーマンが22才のときに別れその後亡くなった元恋人の娘に偶然出会う、という設定なのだがどういう絡みになるのか興味津々。

「結婚しようよ」は、三宅裕司が主人公というだけで必見の価値あり!(^○^) おそらく笑いの場面多数ありと思うのだが・・それと、20曲もの歌をどんな場面に挿入するのかも興味があります。

どちらか一本を観るとしたら・・・・ 断然!!「結婚しようよ」デス!!(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

忘年LIVE(プライベート)・・・

急遽、年末の12/30(土)にLIVEが決まりました。仲間内の忘年会をライブハウスでやろう!と言うことになったのです。(^_^;)

今は12/2に向けての練習、それが終わればすぐさま12/16に向けて練習、そして、それが終われば今回決まった12/30の練習・・・・結構、ハードな感じ!(>_<)

実は、もうひとつ・・・・あるプロジェクトが進行中でレコーディングは未定ですが来年2/25に50人超がパフォーマンスするというもの、こちらはコーラスだけの参加ですがパートを練習しておかなくっちゃいけません、何せ50人を超える大所帯ですのでスケールがドでかい!\(◎o◎)/!

あ、そうそう、その合間にもIGADOWAの曲作りやらレコーディングやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

レコーディング・・・

takaさんとのユニット「IGADOWA」のデビューCDを作るべく、「やんぐ・らぶ[詞:加川ふ良 曲:taka]」のカップリング候補にあがった「天上天下唯我独尊(独りよがり) [詞・曲:加川ふ良]」のレコーディングに臨んだものの、ボーカルで躓きました。何回テイクしたかわかりません。(-_-;)

中年の成せる技なのか!? 微妙に艶歌っぽく唄ってるんです。(-_-)   まぁ、中年が中年の詩を唄っているのだから、許せるといえば許せる範囲だとtakaさんは言ってくれますが、私は何故か気になってしょうがないのでした。結局、ボーカルの録音は後日に伸ばしてもらいました。

でも、帰ってきて今、これを書きながら思ったことですが、レコーディングは頑張って艶歌色を無くしたとしても、ライブで唄うときはきっと艶歌調になるんだろうなぁ~(^^ゞ     だったら、今度のレコーディングは細かいことに拘らないでトライしてみよっかぁ~(^。^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

同時進行・・・

「The Instant Caramel ×てぃーだ」(長~い名前だネ(-_-;)) 12/2のライブのため練習をしていますが、ドラムスを叩くには場所を選ぶわけです。大きな問題です。みんな何処で練習してるんでしょう?貸しスタジオだとお金がかかるでしょうから頻繁には出来ませんよね。

今回は、というか、インキャラのIrregularメンバーでパーカッション&コーラス担当のミスターK(本職ドラムス)秘密の練習場所!?でやらせてもらうことができました。ミスターK所属LOVELY JETSのバンマスさん、ありがとうございます。m(__)m

ん~~、本物のドラムスを入れての音だしは30数年ぶり!感激!ドラムスの生音!迫力!  なんか圧倒されて練習が終わるとグッタリです(^^ゞ   今回のライブではIGADOWAオリジナル「やんぐ・らぶ」を演奏しますが、録音時と違って楽器パート、ボーカルパート変更を余儀なくされ初々しい気持ちで(^^ゞドキドキしながら(~_~;)練習に向かっています。

と同時に、IGADOWAの曲作りも進行しています。「細い坂道」(作詞:加川ふ良)という詞にtakaと加川ふ良が別々の曲を作るという企画し、お互い60%ぐらい出来上がってこれから味付けにかかるところといったところです。

同じ詞に別々の曲ということで知っているところでは、高田渡と加川良の「鎮静剤」(詞:ローランサン)があります。わたしは加川良の「鎮静剤」をコピーして時々唄っていますが、高田渡のそれは30数年前に一度聴いたとき何となく難しく聞こえて手をつけなかったという記憶があります。

と同時に、12/16のコンサートの準備もしています。ポスター、チラシ、スタッフ募集、会場の手配、出演者交渉などなど。

と同時に、もちろん!仕事も!!(^o^)丿

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

コラボレーション・・・

12/16(土)、オカリナのグループ「INGアイエヌジー)」と加川ふ良率いるセッションバンド、インスタント・キャラメルのコンサートが内定しました。

オカリナのバッキング・・・と言うよりは、合奏!アンサンブル!ですね。(^.^)  楽しみましょうと言うことで、これから3曲ぐらいを選曲して本番に臨みます。楽しみだなぁ~\(◎o◎)/

今夜は、takaさんと会場のPAや音響確認をしました。すこし難あり・・・ですが、本番は大いに楽しみましょうと、やる気まんまん!

12/2のライブと12/16のコンサートと忙しいですが、音楽が出来るのは嬉しいことです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

ライブハウス A7

来る12/2に2004/11/1以来2年ぶりの「A7」に出演することになりました。
ま、2年ぶりといっても前回はプライベートパーティーでしたから・・、今回が初と同じです。
今回は市内の楽器店主催のライブに出させていただくものです。IGADOWAの相方takaさんがお話しを持ってきてくれました。

当初、「てぃーだ」&「インキャラ」の合同チームの予定だったのですが「てぃーだ」の女性陣2名がそれぞれの事情で不参加となり、結局「てぃーだ」2名&「インキャラ」3名のすべて男で固められたセッションバンドになりました。キーボードと女性ボーカル&コーラスが無くなったのが痛いですが、とにかく楽しんで演奏します。

「てぃーだ」:沖縄音楽を中心に活動。ボーカル、ギター、キーボード、三線の4人編成。
「インキャラ」:インスタント・キャラメルの略。加川ふ良を核としたセッションバンド。1970年代のフォークが中心。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

普通救命講習

Aed 11/5、普通救命講習というのを初めて受講しました。
心肺蘇生法(CPR)や自動体外式除細動器(AED)の使用方法です。

感想:受講する前でしたら、もし私が事故等に遭遇し、救命の必要があってもせいぜい119番するのが精一杯でしょう。救急隊が到着するまでの間(全国平均約6分)、何もせずじっと見守るだけなんでしょう。今回、学んだのはその到着するまでの間に適切な処置をすれば救命の率が高まるということでした。
有意義な講習でした。もっと多くの人達が講習を受ける機会があれば、少しでも救命率が上がるでしょう。心肺蘇生法いわゆる心臓マッサージ、100拍/1分で一応30回胸部圧迫するのですが、これが結構疲れるものでした。(^^;

そんな救命の場面に遭遇したくないのが本音ですが、もしそうなったら救命講習の成果を出さなければと肝に銘じました。

あ、そうそう、思ったんですが、胸部圧迫(1分間100拍)のリズムですが、携帯で119番したら携帯からそのリズムが出ればすこし安心できるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »