« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

屋台村みろく横丁Live 9/29

出演者、出番が決まりました。

9/29(金)19:00スタート  場所:八戸屋台村みろく横丁。
出演:赤い小鳥、加川ふ良、BB、てぃーだ、(ダニー)

私は19:30ころの出演です。オリジナル曲の初披露を予定してます。

先週のBSHiでよしだたくろう&かぐや姫が31年ぶりのLIVEを放映してました。残念ながら観ることはできませんでしたが・・(>_<)  10/29,30に再放送の情報あり・・(^^♪

1970年代、よしだたくろうの影響を大きく受けた者として今回のLIVEは、ステージネームこそ加川ふ良ですが、よしだたくろうの初期の頃の唄を選曲しました。

通りすがりでも寄っていらっしゃい。

あ、そうそう、地元のタウン誌(月刊うみねこ9月号)に私の作ったポスターが掲載されています。バスストップのLIVE常連8組です。白黒での掲載ですので後でこのブログにアップします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マジシャン おーまいがぁ・・・

昨日は学童クラブ(昔で言う「鍵っ子」小1から小3まで)の誕生会があり、そこに「マジシャン おーまいがぁ」としてゲスト出演しました。「おーまいがぁ」と言うのは志村けんの「オーマイ・ゴッド」から子供達がつけたあだ名です。

誕生会では4つのマジックをやりました。掴みとして、1.大きなサイコロが瞬間に小さくなるマジック(by100円ショップ)。2.チャイニーズペーパー(絵を描いた紙を破って元通りにする)。3.新作:魔法の水(空のペットボトルに水を注いで、ペットボトルを逆さにしても水がこぼれない)。4.新作:魔法の財布(何も無い紙の財布にティッシュを入れて魔法の呪文を唱えるとお札になる)

手品をやるようになった切っ掛けは多分・・・

私が子供の時に親戚のおじさんが、ちり紙(今はティッシュ)に火をつけ、手でもみ消してるとお札が現れるという手品をしてくれたのがトラウマになっているようです。そのおじさん(正確には20歳ぐらい歳上の従兄弟)は、親戚の結婚式や花見などの余興で大うけでした。

小学3年生ぐらいになると「疑う」ことを覚えるようです・・?(^^ゞ  1年生は無邪気に喜んでくれます。簡単なマジックは10歳以下にやりましょう!\(◎o◎)/

子供だまし な 加川ふ良です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

生き延びてくれ・・・

また(8/14の書き込みを参照)、小鳥がガラスの壁にぶつかったのでしょう。ウグイスそのものか、またはその仲間でしょう。この辺の分野には、まったく疎い加川ふ良です。(^^ゞ

奇跡か!?今回は生きていました。でも、右の羽を傷めたようです。Kotori02

外にそのまま置いておくとカラスの餌食になりそうなので、ひとまず事務室へ避難させ、窓際において小一時間ほどして外へ逃がしやりました。

Kotori01

やはり、巧く飛べません。しばらくは事務室の外の日陰にいましたが、30分後ぐらいには見えなくなりました。おそらく近くの雑木林に逃げ込んだのでしょう。

この小鳥を窓際に置くときに腰を少し屈めたのですが、その時ぎっくり腰になりました。(-_-;)  今、シップとコルセットをして安静にしてます。小鳥の祟り・・・? 良いことしてると思っているのに・・・・(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

9/29 野外ライブ・・・

急な出演オファーのため、メンバーのスケジュールが合わず150としての出演でなく、ピンの予定です。

19:00スタートらしい(詳細はまだ聞いていない)ので、厚着をしたほうがいいかも知れません。日中はいいお天気なのですが北国の夜は寒いのです。出勤時は半そでのポロシャツで車も窓を開けてちょうどいいのですが、帰りはホント寒いです。

一人で唄うのは非常に久しぶりだし、寒いだろうから、思い切りコードストロークの激しいのがいいかも知れないと思っています。ライブまであと1週間、まだ選曲リストが決まっていない加川ふ良です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ユニットのポスター・・・ん?

Igadowa2 11月中旬デビュー予定の「異色のフォークデュオ IGADOWA(いがどわ)」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

新ユニット・・・?

「インスタント・キャラメル」というのは、毎週第2土曜の加川ふ良オンステージでのセッションバンド名です。最近、そこから発展的に新ユニットを結成しました。「IGADOWA (イガドワ)」という名前です。二人なのでYou&Me的な意味合いのものです。11月中旬のライブ出演オファーがあったので急遽名前を決めました。ま、大きな意味はありません・・・。

ポスターが出来たらアップします。

あ、それから9/29の屋外ライブに急なオファーをいただき、2ヶ月のブランクがあり、もうウズウズしてたので勤務調整をして出演方向です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

多重録音・・・・

最近は、園芸の話だけで音楽の話題が無く自分自身寂しく思っていたのですが、ようやくライブというか音楽関係の話題をチョコッとだけですが書くことができました。(^_^;)

実は、「大きなイベント(野外LIVE)」をこの10月に企画していたのでしたが、動機が曖昧だったということと企画をもっと練り直して再挑戦!ということでボツにしました。もう一度、仕切り直しをしてチャレンジしてみたいと思っています。音楽の話題でした。<(_ _)>

えっ!?  これだけ?!

・・では淋しいので、別な音楽話題をば一席、m(_ _)m

30数年前、一人バンドで多重録音したくて、当時1万円の月掛け定期積預金が満期になったので、とりあえず録音する機材としてオープンリールのテープデッキを買った(当時10万円位)のです。しかし、もともとビンボーなので友人からドラムセットや、エレキギター、アンプ、ベースなど借りたりしました。しかし、多重録音の詳しい情報も知識も無いままに計画は途中で頓挫してしまったわけですが・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・それから、30数年後。
・・・・・・・・・・・・・・・
今は、すごいねぇ~
いろんなマシンがあるんですねぇ。時代は確かに進んでます。(^_^;)
個人レベルでCDもできてしまうんですから、それにインターネットでの情報がこれまた詳しく載っているし、自分が30年若かったら。。。って、切実に思います。

で、このブログのタイトルにしたように30数年ぶりに"LIVE"と言うものじゃなかったんだけど、プライベートパーティーの余興として唄うことになって、急遽、練習用に手ごろに扱える「ポケットスタジオ5」というデジタル4トラックレコーダーを入手しました。このマシンで作った音源をバッキングにしてアコギで唄ったのですが、ホント良く出来てます最近のマシンは。

しかし、この「ポケットスタジオ5」は、いろんな機能があることとマニュアルは知らない言葉のオンパレードで、少々持て余し気味でまだ使い切れていないのが残念です。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

自然は厳しい・・・

悪(にく)き者よ 汝の名は カラスなり
・・・って、気取って言ってる場合じゃない!!(^^;

9/2朝、職員が水をやりに行った時、棚のスイカを覆っていたパンストが破られ、スイカを食べられた痕を見つけたそうです。スイカはまだ蔓についていたままだそうで、しかし、メロンは50m先まで運ばれ、実をすっかり食べられて皮だけしか残っていなかったということでした。

犯人は!?・・・黒い悪魔カラスの仕業です。

Suika02
Suika01 見てください、この無残な姿を!

MeronMeron03こちらはメロン。ほぼ同じ角度から写した1週間前の写真と比べてみると分かるでしょう。食べごろのメロンがありません。

成長を、収穫を、そして味わう楽しみを全て奪われてしまった。
たかがスイカ3個ぐらいで!とか、
単なる植物じゃないか!とかの問題じゃないのです。
・・・毎日手塩にかけて育て見守ってきたのに・・・悲しい(T_T)

Tomato03 色づく前のトマトも食べられていました 

Suika03

風にゆれるパンストが痛々しい

しかし、ゴーヤーの話題でも触れたように果実食の鳥を誘引して種子散布を行っていたなら、これも自然の摂理であるとして致し方の無いことで諦めもするが、「カラス=悪」 という先入観を持っているのでどうしても悪き者呼ばわりしてしまうのです。

9/3もやられました。メロン全滅・・・・・  Zangai2Zangai1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

不思議 ?????

レポートが遅くなりました。8/28のことです。

Juku1_1 いままでゴーヤーは「緑色」とばかし思っていた。それが熟れるとこんなにも鮮やかな黄色の皮とルージュのような真っ赤な種(ホントは仮種皮というのだそうだ)になるとは・・・。

これが、ゴーヤーの種(左側)と仮種皮です。
Goya_tane早速、味見に挑戦!!
口の中に入れて、少しヌルヌルしたようなゼリー状の赤い部分を食べます。

・・・甘い!! 

ベッタリ甘いわけではないが、ほのかな甘味が口の中に広がる。ふだん、ベッタリとした人工甘味料をドバッと使ったお菓子に慣れていると少し物足りない気がしたが、小鳥が食べると言うから自然ではこのぐらいが丁度良いのだろう。
しかし、あの苦さの代表のようなゴーヤーが”甘い”というのは不思議でしょうがない。

黄色い皮も甘いということでKさんに勧められましたが私には食べる勇気がなく躊躇したところ、
Kさんが食べてみて「相当苦味は減ってるが、少し苦いカナ?!」と言ってました。(^_^;)

8/29には、丁度よい具合のゴーヤーを使って「ゴーヤーちゃんぷる」を作っていただきました。美味しかったです!(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »