« ロカビリー?! | トップページ | LIVEの写真 »

2006年7月20日 (木)

TEAM-NACSを観て

若い友人から薦められて今日観たのが「COMPOSER~響き続ける旋律の調べ」これが2本目。少し前に観たのが「LOOSER~失い続けてしまうアルバム」

私は本物の劇を観た事が無かった。たぶん無い筈である。TEAM-NACSという言葉も始めて耳にした。彼が言うには「騙されたと思って観てください」。

騙されて観て、良かった(^.^) 

たった5人の出演者でこんなにも素晴らしい劇が出来るんだなぁと感心しました。「LOOSER~失い続けてしまうアルバム」は江戸時代末期の新撰組を取り上げているし「COMPOSER~響き続ける旋律の調べ」はモーツァルトやベートーヴェンやシューベルトを扱って、それら登場人物はいずれも一度は耳にしたことのある、いや小学生でも知っている有名な登場人物なので、すんなりと劇に入り込むことが出来ました。いやぁー実に面白い、面白かった(^O^)

涙腺が緩んできたのは年のせいだとばかり思ってた。しかし、これを薦めた若い彼も泣いたそうだ。劇は語りかけてくれる何かを・・だ。それがこっちの胸を熱くするし涙も浮かんでくる。時には涙を拭くことさえももどかしく次の場面の行方を伺っている。いやぁー実に素晴らしい、感動した!

蛇足だが、ステージは5人だが彼らを陰で支えているスタッフは彼らの何倍もいる。みんなで一つのものを創っているのだ。

|

« ロカビリー?! | トップページ | LIVEの写真 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/72654/2738666

この記事へのトラックバック一覧です: TEAM-NACSを観て:

« ロカビリー?! | トップページ | LIVEの写真 »