« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

アニメ映画

最近、アニメ映画を観る機会が多い・・・えぇ~と、「リロ&スティッチ1,2」「ライオン・キング3 ハクナ・マタタ」「美女と野獣」「アラジン」などなど。好んで観るのではないのだが、チョイ訳ありで時間つぶしにもってこいなのだ!

でも思うに、子供に観せるのもいいが、もっと大人に観てもらいたい!

アニメ映画と侮る無かれ!

友情、家族、絆、信頼などさまざまなテーマがエキスとなっていて、我々の世代も含めて現代の親たちに、心が病んだ大人たちに、観て感じて欲しい。

たまにこんな映画を観ると心がピュアになり、「あぁ、いつの間にか、なんて汚い大人になっていたんだろう」って思ってしまうのです、ハイ。

ほんの少し時間が余ってたら、その時間つぶしにアニメ映画をお薦めします。(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

ゴスペル

映画「天使にラブ・ソングを」で馴染みが濃くなったのですが、それまではゴスペルというと教会・キリスト教を想像し『固い』イメージとゴスペル=黒人音楽のイメージを持っていました。

何にも知らないので少し調べてみると、「God Spell 神からの言葉」だそうだ。なるほど・・・(^^)! 

信者でもないので教会へは行かないしゴスペルを聴くことは滅多に無いのです。そんな自分を普通だと思っている。。。。

そんな私ですが、なんと!近くにゴスペルをやっている人がいたんです!\(◎o◎)/!    驚きました!私のファンクラブ会員No.2でブログ『だめねこな日々』の筆者です。5/21に彼女たちのコンサートがあってそのビデオを観たんですが、「いやぁ~、まったく、いがった、いがった!」(^^♪

「天使にラブ・ソングを」で御馴染みの曲もあったし、S&G「明日に架ける橋」とかABBA「Dancing Queen」とかもあったし、リズミカルな曲が多く、足でリズムを、体は揺れ、指パッチンしながら、ノリノリで聴きました。

全員(22名?ぐらい)で歌ったり、5,6人のユニットで歌ったり、衣装を変えたり、とっても楽しいステージでした。歌っている人たちは気持ち良さそうに笑顔で、手を打ち、床を鳴らし、練習の成果を一瞬一瞬に出していました。素晴らしい!久しぶりに感動しました。

音楽っていいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

5th On STAGE DVD完成

5thfuryo 今回は、第1部、第2部収録しました。カメラの調子が悪く始めの3曲ほどカットしています。

加川ふ良ファンクラブ限定の非売品です。あしからず(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

6/17のポスター完成

バスストップ月例合同ライブは、6/17(土)にアウトドア、しかも、いつもと場所を変えて、屋台村イベント広場で行います。

出演バンドは予定ですので変更の可能性もあります。

01

この日、加川ふ良は「The One Hundred + 50」で出演予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居心地が・・

とある会合の帰りの2次会、といっても時刻はまだ午後7時を過ぎたばかり。。。飲食店ばかりのビルに向かうが、看板の灯りが少ない。そんな開いてる店が数少ない中、入った店でびっくり!(☆_☆)

なんと、早い時間にもかかわらず女の子が多いのだ(^。^)  月曜でしかも早い時間・・・・、チーママのカナ、ミナミ、ハルカ、ユーコ、クミコ、マユミ(敬称略)
聞くところによると、月曜定休にする店が増えているとも言われてるみたいで、初めて入った店だったが、女の子にもてるには他の客が少ない月曜の夜が穴場かも・・・・。(^^ゞ

あまりに居心地が良すぎて3次会へいくのも忘れ、いつもなら〆に飲んだ後の「紅芋アイス」を食べてからタクシーに乗るのだが、昨夜は良い加減に酔ってしまい12時過ぎに帰宅した。

今度飲み会があったらも一度寄ってみようかな。。。。。

あれれっ?!・・・・店の名前なんだったっけ(?_?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

ポスター制作

来月に予定されているBUS STOPライブは、場所を屋外に移し行われる。そのポスターを依頼された。これまで月例ライブのポスターは毎回作っていたのだが、今年になって自分のライブをするようになってからポスター制作を休んでしまっていた。

しかし、来月のライブは普段と違い、初の夜の繁華街で、しかもアウトドアLIVEなので、今から少し興奮している。今日一日ポスターのことだけ考えて過ごしそうだ。^^;

ポスターが完成したらこのブログにもアップする予定です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

6thのテーマ『紫陽花』

『紫陽花(アジサイ)』花びらが青から赤紫に変わるので「七変化」とも言うそうです。次回6/10のステージで変化は七つもありませんが、予定ではこれまで無かったピアノのインストゥルメンタルなど、まだ企画中のものを含め変化のあるステージを創り盛り上げていこうと思っています。単純ですが6月ライブなので、6月→梅雨→紫陽花、、、と連想ゲームのように決めました。

加川ふ良 On Stage じゃなく《加川ふ良プロデュースLIVE》のようになってきた感があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

5th 加川ふ良 on STAGE

20060513menu 以前も書いたと思うのだが、私のライブは二部構成で第一部がソロ、第二部がゲスト&セッションという構成でやってきたのです。今回はその第一部のソロに少し味付けをしてみた。まぁ、それをフランス料理のコースメニューに譬えてフランスっぽく名づけてみました。

<前菜(オードブル)>
20:00 ソロ・de・プチ

 ソロは一人、プチ(petit)って確かフランス語で小さいとか可愛いという意味だったような・・で、『一人でプチ切れる!?』。加川ふ良一人で唄う。テーマは「吠える」。1970年代のフォーク中心だが何に吠えているかは聴いてくださった観客の皆さんの感じ方次第(^_^;)
吠える相手が戦争だったり、恋人や友人や社会の矛盾だったり、はたまた自分自身だったり・・・・様々。

20:20 二人・de・ドゥ

 ドゥはフランス語で2。加川ふ良 with Ikuko Hondo。スペシャルサンクスのIkuko さんがバックコーラス。題して『二人でどぉ?』。「てろてろ」を歌ってる途中でお客さんのツッコミに応えてしまったので、ちょっと"マ"が空いてIkukoさんは絡みにくそうだった。スコシ反省(^^ゞ

20:30 ア・ラ・de・三人

 加川ふ良with Ikuko Hondo & 風香。2人目のスペシャルサンクスとして風香のピアノとIkukoのオブリガートが加川ふ良の唄に絡む。若さと美のエッセンスが効いた「3月9日」。ステージの上はついさっきまで二人だったのに、いつの間にか三人・・・『あら?・・で、3にん!?』
ライブの前日、急遽出演が決まった風香さんと開演前に一寸だけの打ち合わせで臨んだのに、風香さんは臆せず堂々と演奏をしてくれた。なんと、風香さんは14歳なのです!羨ましい若さでしょ!・・・出演はもちろん親の許可を得ましたよ。

20:40 Ikuko Hondo

ソロで持ち歌2曲。カラオケスナック「夢茶茶」の開店を記念して、東京で音楽活動をしてきた花生氏によるオリジナル「光のシャワー」で2005.3.3にCDデビュー。「夢茶茶」のママを務める傍ら、音楽活動もこなす。八戸短大の学生でネイルアートを勉強中。1980年生。

20:55 Jumonji

前菜、最後の品は、1月から参加してくれているJumonjiさんのソロ。前回はデュオでデビューしたのですが、相方が今回出張中なので久々のソロ。
加川ふ良が濁声で吠えるのに対し繊細で折れそうな感じの彼の透き通った声、丁寧な歌が清々しく耳に響いた。

<メインディッシュ>
21:25 加川ふ良 with インスタントキャラメル

加川ふ良と彼の仲間とのセッションバンド。毎回、多彩なゲストとセッションを組む。今回は、金入さんがパーカッションとして初参加。ダニーさんは、連続5回目。takaさんは、4回目。
5曲を演奏し、お決まりのアンコールの声がかかり(^^ゞ 「生活の柄」で手拍子をもらいながら大いに盛り上がり、暖かい皆さんの”心”を感じました。このまま終わるのは勿体無い。。。。(^^♪ アンコール2曲目に、今夜北海道から来たというSECONDのVocalエリちゃんをステージに上げて「耳をすませば」の挿入歌「カントリーロード」をみんなで大合唱!(^^♪

<デザート>
22:00~ アフターはみんなで一緒に楽しみましょう!

ということで、まず風香ちゃんが尾崎豊の「I Love You」、ピノキオの挿入歌「星に願いを」をピアノで弾き、その上手さ素晴らしさに拍手喝采!
次に、オリジナルソングを中心にたまにストリートでも歌うという及川さんが登場。
takaさんとエリちゃんのユニットがSECOND。1月に二夜連続ライブを行って以来、4ヶ月ぶりに熱唱!・・・・・・その後も続々と。
ダニーさんは、いつもどおり誰彼なしにハーモニカを持ってセッションを試みてましたよ~

とこんなメニューでした。

自宅に着いたのが午前2時過ぎ・・・爆睡(-_-)zzz

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年5月10日 (水)

歩いてみると・・・

何年も歩いたことがない昼の中心街「三日町」。

いつもは車で通り過ぎるばかりなので町並みの変化に気がつかない。午前中、隣町で予定より早く用事を済ませた帰りに駐車場へ歩みかけた時、ふと街を歩いてみたくなった。

私の高校は、自宅から一本の川を越え、中心街を通り越して、ゆるく長い上り坂の途中にあり、私は専らバスで通学していた。所要時間20分ぐらいかな。

30数年前、学校帰りは毎日のように中心街で途中下車していた。そして、専門書のある本屋に寄ったり、喫茶店にたむろしたり、デパートを散策したり、公園でゆっくりしたり、ある意味中心街を探検していた。だから、細い路地奥にある薄暗く怪しい喫茶店やビルの隙間を通り抜ける近道も知っていた。

町並みは変わっていました。30数年前と同じほうが変なのだが、あまりにも閑散としすぎ、老舗の名前が消えて、ビルというビルにはテナント募集の看板がたくさん掲げられてあった。

近年、こんな田舎の小都市にも郊外型ショッピングモールができ、お客さんが中心街に魅力を感じなくなって客離れがおきているというニュースは新聞などで報道されていたが、こんなにも町並みが変わっているとは思いませんでした。普段は気が付かないことが見つけられる。たまには自分の街を歩いてみるのも良いもんだ。

・・・夜の繁華街は千鳥足で歩くことはあるんだがナ~^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

耳をすませば(アニメ)

1995年の映画ですから10年近く経った2年前にビデオで初めてこの映画を観たのでした。その時は年末休暇中で時間つぶし・・・という感じで、たまたま友人から借りていたビデオで他には「となりのトトロ」「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「魔女の宅急便」など。

[アニメ映画など子供の観るもの]と自分の中で決め付けていたのでしたが、おいっ子と映画館で「千と千尋の神隠し」を観る機会があってから考えが変わりました。充分にメッセージを感じらとられるし、良い映画は何度でも観たいという気持ちも起き、「アニメ映画を侮れない、食わず嫌いだったなぁ」と反省(^^ゞ

先週のGW。ちょっとした、それでいて中途半端な時間があったので、時間つぶし・・・(^^;)・・・で、「何を観ようかな?重いテーマでは嫌だし、、え~っと、、」で選んだのが「耳をすませば」だったのです。

「耳をすませば」についての評などは詳しい映画関係のHPがあるので、私自身が感じたこと気が付いたことを中心に書きたいと思う。

まず、挿入歌の「カントリーロード」。これは、1970年代、ジョン・デンバーの曲でオリビア・ニュートンジョンもカバーしている。私たちの年代はリアルタイムで聴いたり演奏したりしていたので懐かしく思い出されました。

主人公たちの恋愛感情は私の中学時代にオーバーラップし、30数年前を微笑ましく思い出したり、しっかりした将来のビジョンを持たずに高校受験した自分と比較して

「これは物語だから、、、15歳でそんなしっかりした子供はいないよ、、」

「いやいや、家庭環境によってはあるかも、、、親の教育、理解も大事だ、、うん、うん、、」

などど呟くような気持ちになったり、物語はほのぼのと明るく爽やかで感動もあり、しかも風景などはリアルに描かれて綺麗だし、劇中、主人公が歌っているときに自然にセッションが始まった場面では私も一緒に参加したい気に刈られました。

なんかこう、歳を重ねるうちに浮世の波に流され汚れてきた我が心が洗われたような清々しい気持ちになりました。

2度目の「耳をすませば」でしたが、今度また、いつの日か観たいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

rakuda1gouライブとカントリーロード

バスストップ毎月第1日曜は、rakuda1gou(らくだ1号)さんのライブだ。オリジナルソングを中心に様々なイベントなどで活動している。詳しくは彼のホームページをご覧ください。

彼のステージが終わると、突然Mr.J(ミスター・ジェイ)が、客席にいる女の子(名前はハルカ?ちゃん)のそばでマイクを持ってアナウンスを始めた。

「ここにいる女の子が唄を歌います。彼女は中学の時に転校までして、歌の勉強のため東京へ行ってきた。皆さん、聞いてやってください」

高1の彼女は妹と母親と一緒に来ていた。親公認の音楽活動なら大丈夫だろう。「おっ、いいぞ!またまたバスストップの音楽仲間が増えるぞ!で、何を歌うんだ?楽器は?」私は思った。

楽器は出来ないらしい彼女は「井上陽水の少年時代」に決めた。伴奏は誰?・・σ(^^;) オレ?・・れ、れれ?

行きがかり上、伴奏することになったのだが、すこし言い訳をしておこう。実は井上陽水の曲は知ってるけど演奏したことがなかったのです。さらに、ソングブックのコードは抑えにくいコードが多く、初見でしかも他人の伴奏では緊張しまくりだったんです、、、、と、言い訳はここまで。

歌い終わると、彼女への大きな拍手が鳴り響き、これからの活躍に期待がもたれた。きっと、5/13の加川ふ良オンステージにも来てくれるだろう。(^^)v

さて、私(ギター)とtakaさん(ボンゴ)がアフターを楽しんでいる中、rakuda1gou(らくだ1号)さんからリクエストが入った。「別なライブで『カントリーロード』をリクエストされたけど出来なかったんで、お願いできますか~」

1970年代前期にジョン・デンバーが歌った唄だ。それに、この曲はオリビア・ニュートンジョンもカバーした曲でもある。リアルタイムで聴いた唄なので大体演奏できるだろう。しかも、最近ビデオで観たアニメ映画「耳をすませば」(1995年)の挿入歌でもある。

しかし、ソングブックには歌詞もコードも無い!コードを探り探り、歌詞は記憶の細い糸をたどたどしく思い起こしながら、すこしつまづきながら、それでも何とか強引に唄いきった。takaさんと顔を見合わせながら自己採点60点ぐらい。「あれ?意外といいね。この曲、インスタント・キャラメルのレパートリーに入れようか!」

rakuda1gou(らくだ1号)さんは「英語の歌詞がいいですね」・・・・・・・「しめしめ、、、空耳英語でもごまかせたぜ!(^^;)v」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

GWも後半・・・

仕事帰りにちょくちょく寄る店が休みだと、なんだかリズムが狂うんです。それもおよそ10日も臨時休業なんです!その間は個人練習に向けるつもりだったのですが、それもなかなか実行できず何気に時が過ぎちゃった。今夜なんかも旧友の誘いがあり夜の街にでかける予定・・・きっと明日は二日酔いで一日が過ぎるだろうし・・・・・(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

ゴールデンウィーク

今年のGWは桜と重なり、また雨も降らないようで、お花見など行楽にお出かけの皆さんは最高の連休でしょう。

期間中、私は仕事ですが・・・・(^_^;)  

でも、ずーっと商売をやってきてますから「『人が遊ぶときは稼ぐ』のが商売だ」と教わってきましたし、取り立てて悔しい思いも無いのですよ。

昨夜遅くに横浜の友人から「こっち居ても暇だから明日帰る・・」と電話があった。また夜の街にくりだしチョイ不良オヤジたちの昔話に花を咲かせましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »